愛媛県松山市にある、緑豊かな自然に囲まれた道後フォレストガーデン。ペットグッズの販売や、葬祭(セレモニー・ご火葬)を行う施設です。その他、貸切制の大きなドッグランがあります★公園型施設になっているのでワンちゃんと一緒に是非、遊びに来てください(^v^)
夏へ向けての準備
2012年06月03日 (日) | 編集 |
こんにちは★

いよいよ、梅雨入り間近なのか、毎日蒸し暑い日が続いています。

みなさまは、夏へ向けての準備を進めているでしょうか。


衣替え、衣替え・・・あと、衣替え?

ちょっと、思いつかないのですが、黒河家では夏へ向けて、着々と準備を進めています。



まずはやっぱり、衣替え!
これは各自で5月中にしっかり終わらせていました。


そして、今年新たに登場したのが!!!!!!!

『緑のカーテン』です(^O^)/

今年はやりの緑のカーテン!
ホームセンターに行くと、コーナーが設けられているほどです。

さて、ここで、緑のカーテンをご存じない方へ、緑のカーテンの歴史をお伝えさせていただきます。


歴史的には、遮光・目隠しの効果を有するものが古くから用いられてきた。日本では、夏の風物詩でもあるすだれ、店舗や家庭で使われる暖簾といったものがあり、外国でもカーテン、ブラインド等が存在する。特にブラインドについては、エジプトの初期王朝から使われていた。しかし、これらはすだれを除き室内に用いられることが一般的であり、素材は加工品かつ無生物であるため、日光が当たり続けると熱を持ち、熱放射が起こるという欠点がある。こうした欠点を補う方法として、外断熱であり、生きた植物体を使用することにより気化熱による継続的な温度抑制が期待できる緑のカーテンが利用される。家庭をはじめ学校や公的機関でも用いられている…


だそうです。
詳しい事はわたしにもよくわかりませんが、早速我が家でも実践☆

母が知り合いからゴーヤをもらったので、それを使うことにしました。

仕事から帰ると母が2階のベランダから、「ちょっとちょっとそこのお嬢さん!その紐を上に放ってちょうだいな!」と声を掛けられ、1時間以上かけて設置を行いました。

キットを買ったわけではなく、自作で作ったので、なかなか笑える作品になりましたが、なんとか、それらしきものが完成しました。

これからの成長が楽しみです(*^^)v





そして、夏と言えば、我が家のウサギ様!!!
いつもはわたしの部屋(2F)で暮らしているのですが、最近はちょっとバテぎみです。
最近は、帰ってきても出迎えてくれず、寝そべったまま疲れた顔で「あ、おかえり。ねぇ、この部屋もう、暑いんだけど…」と訴えてきます。

夏場は、朝夕はわたしの部屋で、昼間は玄関の近くで1日中扇風機にあたって過ごしています。
そろそろ、今年も昼間は下にお引っ越しかな~と思っています。

うちのウサギさん、昨年の夏は病気にかかってしまったり、皮膚炎になったり、熱中症になりかけたり、本当に乗り切るのが大変でした。
今年も、いろんな試行錯誤を繰り返しながら、夏を乗り越えていきたいと思います。




そんなこんなで、着実に夏へと進んでいる黒河家。


今年も海へ泳ぎに行ったり、バーベキューをしたり、山に登りに行ったり、ドライブしたり・・・。


夏へのたくさんの期待が溢れています。
考えるだけでワクワクします☆


アクティブにいこう!

夏よ、来い!!!




黒河



スポンサーサイト