愛媛県松山市にある、緑豊かな自然に囲まれた道後フォレストガーデン。ペットグッズの販売や、葬祭(セレモニー・ご火葬)を行う施設です。その他、貸切制の大きなドッグランがあります★公園型施設になっているのでワンちゃんと一緒に是非、遊びに来てください(^v^)
激動の3週間
2011年09月13日 (火) | 編集 |
最近、福山雅治さんの『家族になろうよ』を聴いて、ホロッときてしまった黒河です。

こんにちゎ☆


この3週間は、黒河家にとって、忘れられない日々でした。

わたしを生んでから23年間、病院に一度も通ったことのない母が脳内出血で倒れ、緊急入院…。いつ家に帰れるか見通しの経たない毎日でした。

目の不自由な父とうさぎさんと2人+1羽になってしまい、今までに感じたことのない不安感と母に後遺症が残ったらどうしよう…と言う気持ちに毎日毎日襲われていました。

そんな不安な毎日でしたが、なんとか後遺症もなく、自宅療養と言う形で、先日母が家に戻ってきました(*^o^*)


母が入院する前は、気に入らないことがあれば両親に当たり散らしたり、ワガママばかり言って困らせていました。

両親がわたしの事をどれだけ頼りにしていて、どれだけ大切にしてくれていたかも、うわべだけしかわかっていなかったんだと思います。

お父さんもお母さんも、年老いた体で必死にわたしを、わたしの未来を守ろうとしてくれています。


退院したお母さんがよく、『わたしたちはわたしたちで何とかやっていくんやけん、Wちゃんが、この人やと思う人が現れたら、自分の幸せに向かいなさいね。』と言います。


小さいときから『自分が苦しくても、人様のために生きなさい。自分がボロボロになっても、人様の幸せを願いなさい』と教えられてきたわたしにとって、ビックリするような言葉でした。



病気をして、急に家からいなくなってしまっていたお母さんでも、目が不自由でいつも誰かに助けてもらわなきゃ外出出来ないお父さんでも、わたしの両親(^_^)

小学校の頃は、周りのお母さんたちよりも余裕で10コ以上も年をとっている両親をなんとなく恥ずかしく思っていました。


でも、本当に素敵な両親です。
自分の子供の幸せをわたしのまわりの人の次に願う両親。




きっと一生かなわないな…。



今のこの気持ちを大事にしなくちゃと思う、黒河でした。


黒河
スポンサーサイト